人生の大半を占める『働く』というキーワードに目を惹かれた

 

1. 普段はどんなご活動をされているのでしょうか?

 

訪問看護ステーションで理学療法士として働いています。 また、Bodyline Schoolという一般の方向けに姿勢を整えながら身体の使い方を学ぶ講座を代表を務めています。また、個人ブログも運営しております(よしだの公式日記)。

 

2. ポケットセラピストを始めたきっかけはなんですか?

 

元々、身体の使い方や指導を一般向けの方にスクールとして提供していて、もっと活動の幅を広げようとしたときに予防分野の枠の中でも人生の大半を占める『働く』というキーワードに目を惹かれました。

 

そこで健康経営や産業理学療法に興味が出て、いろいろ調べてたらポケットセラピストでセラピスト募集があったから、とりあえずやってみたくて始めました。

 

 

3. ポケットセラピストのやりがい、面白い点、スキルアップにつながった点などはありますか?

 

チャットによる遠隔での関わりは、普段の臨床ではなかなか経験できないため、それだけでもワクワクして面白いです。


目の前にいない人にどれだけ伝えられるかという普段は気にしない言葉の選び方や、返信をもらえるための文章構成などは、本業だけでなく日常生活でも役立つものになっています。

 

 

4. ポケットセラピストと仕事の両立はどうしていますか?

 

本業は訪問リハですが、一般向けのスクールをしたりもしているため、チャットでできるポケットセラピストは基本的には隙間時間にしています。


ユーザーからメッセージが来たときはもちろんですが、定期的なメッセージを2、3日に1回のペースで朝始業前にしています。


ユーザーも仕事があるため、やりとりは夜が多く、自分自身のタイムマネジメントを考えるきっかけにもなっています。

 

5. ポケットセラピストに興味のあるセラピストの方々へのメッセージをお願いします。

 

最近言われている働き方改革で何よりも大切なことは、やりたいことを主体的に選択してやることです。

 

産業理学療法や予防分野に興味がある人はもちろん、なんか面白そうだなと感じたらとりあえずやってみましょう! まずは自分たちが楽しい、面白いと思うことを一緒にやっていきたいです!

 

 

ポケットセラピストで働く人の腰痛サポートに興味のある方はこちら !

 

Facebookでシェア
Twitterでリツイート
Please reload

最新記事
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square