対面でなくオンラインでの理学療法の可能性を試してみたかった

 

1. 普段はどんな活動をされているのでしょうか?

 

フリーランスとして、講師活動と地域で障害予防活動などをしています。

 

2. ポケットセラピストを始めたきっかけはなんですか?

 

腰痛に関する知識を深めたい、対面でなくオンラインでの理学療法の可能性を試してみたい、と思ったからです。

 

3. ポケットセラピストのやりがい、面白い点、スキルアップにつながった点などはありますか?

 

私自身は研究職でもなく、知識も経験も普通のセラピストです。むしろ臨床での経験は他のセラピストより少ないと思います。優秀なセラピストばかりで、周囲のセラピストについていけるか、ということが一番の不安でした。

 

しかし、利用者様とのチャットで困った時には他のセラピストに意見を求めることができたり、オンラインでの情報共有があったりと知識の補充もすることができて、安心して仕事ができています。

 

担当した利用者様とのチャットでは、うまく進むと想像していた以上にしっかりとした関係性が作れて、こちらの提案した内容も実施してくれます。フィードバックもリアルな意見をもらえるので、改善状況に合わせて一緒に目標を決めながら対策を進める面白さがあります。

 

4. ポケットセラピストと仕事の両立はどうしていますか?

 

講師活動や地域での活動をしながらすき間時間にチャットを進めることができます。時間の拘束が少ないので、慣れてくると、さほど負担は感じていません。

 

5. ポケットセラピストに興味のあるセラピストの方々へのメッセージをお願いします。

 

理学療法士としての専門性を活かした新しい働き方の一つです。

挑戦してみたい方はぜひお問い合わせください。

 

まだまだこれから発展するポケットセラピストの一員であることで毎日ワクワクしますよ!

 

ポケットセラピストで働く人の腰痛サポートに興味のある方はこちら !

 

Facebookでシェア
Twitterでリツイート
Please reload

最新記事
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square