ポケセラに登録してみたら、自分の世界が広がった!

女性セラピストの中には、これから出産を希望・予定していたり、またはすでに産休を終えて育休を過ごしている方もいると思います。


そんな時、「産休・育休に入ってブランクが空くと、現場に復帰するのが不安」という気持ちになることはありませんか?


また、これまで1日の大半を職場のコミュニティの中で生活してきた場合、いきなり現場から離れて孤立し、心細くなる場合もあるかと思われます。


今回はそんな方に「ポケットセラピスト(以下ポケセラ)」をおすすめする理由を、1歳の子供がいる筆者がポケセラに登録した実体験を踏まえ、ご紹介いたします!



セラピスト同士のつながりで、不安や孤立感を解消!セラピスト仲間から刺激を受け、さらに頑張れる自分に!


新しいことを始めるときは、誰しも不安な思いになりますよね。


筆者の場合、出産・産後を経てすっかり臨床での知識を忘れつつあった状態でもあり、はじめは恐る恐る、かつ勢いで登録してみましたが、ポケセラでは面談の基本的な流れ知識面でのフォローもしてくれているので、初めてのオンラインサポートも安心して臨めます。


なのでしばらく臨床から離れていても安心して仕事を始めることができます。


今までやったことのないオンラインでのユーザーサポートは本当に未知の世界でしたが、いざやってみると、これまでの知識や経験を振り返る絶好の機会にもなり、新しい世界での仕事を経験したことで将来のキャリアを幅広く考えるようにもなりました。


またポケセラでは「Slack」というチャットアプリを使って、登録しているセラピスト同士の交流を深めることができます。


担当ユーザーのサポートで分からないことがあれば、「Slack」で誰かに質問をしたり、勉強会に参加したり、症例検討会を開くことも可能です。


他の登録セラピスト達の活躍も覗けるので、毎日の刺激になり、向上心をもってポケセラの仕事に臨めます。全国のセラピストとのコミュニティが新たにできるだけで、自分の住んでいる世界が広がったような気分にもなれました。


筆者も「Slack」でセラピスト仲間に支えられ、また刺激を受け、頑張っています。



隙間時間を活用して、自分だけのワークライフバランス!


筆者の場合、現在は下記のような時間枠で仕事ができるようになり、自分に合ったライフスタイルが実現できました。


 8:30  子どもと一緒に起床
 9:00  朝ごはん
10:00~ 家事や育児の隙間に、アプリでのユーザーサポート。
11:00  お散歩
12:00  お昼ごはん
13:00~ 家事や育児の隙間に、アプリでのユーザーサポート。

17:30  夜の面談に向けて、夕飯の準備
18:30  夫が帰宅。子どもと一緒にお風呂に入ってもらう
19:00  夜ごはん
19:30  子どもの歯を磨き、寝させる準備
       筆者もこの後の面談に備える
20:00  面談時間スタート!
       面談終了後もアプリでのサポートを行う


このように、ポケセラの仕事は自分の好きな時間やタイミングにビデオ面談の予約時間を設定できるので、隙間時間を有効活用できます。


(例えば、夜の寝かしつけは夫に任せて夜の時間帯に予約面談を実施することもできるので、パパにも積極的に育児に参加してもらうきっかけにも)



新しい働き方で家族みんなHappyになろう!


今や通信機器でいつでもどこでも誰かと繋がれる時代です。


つまりパソコン1台あれば、たとえ里帰り出産をしてそのまま実家に滞在していても、これまでの知識や経験を活かしてセラピストとして活躍ができます。


ポケセラに登録してみて、筆者の生活も良い意味でガラッと変わりました!いずれまた臨床に戻るとしても、自信をもって患者さんの前に立てると確信しています。


何よりいきいきと仕事をするママを見て、パパも子どももHappyになること間違いなしでしょう。


自分の可能性を広げる「ポケットセラピスト」にセラピストとして登録してみませんか?


皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

最新記事
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square