​​ポケットにセラピストがいる安心感を

京都大学大学院医学研究科発ベンチャー株式会社バックテックが運営する

肩こり・腰痛対策アプリ

「ポケットセラピスト®︎」を通じて、

チャットでの肩こり・腰痛対策サポートをする

セラピストを募集します

たった1分で簡単登録!

登録完了後、面接日程調整のメールを3営業日以内に送付いたします。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに届いていることがありますので、ご確認ください。それでも確認できない場合は、こちらよりお問合せください。

​もっと詳しく

予防

産業保健分野

に興味のあるセラピストの方、

こんな悩みを抱えていませんか?

自分一人では何から始めたら良いかわからない

時間とお金をかけて勉強・資格取得をしたけど、それをまだ活かせずにいる

肩こり・​腰痛予防セミナーをしたことあるけど、単発なので、効果に限界を感じる

実際に働くセラピストの事例を紹介!

Please reload

​多くのセラピストが興味・やる気を持ちながらも、同じような壁に直面しています。

このような状態では、予防・産業保健分野におけるセラピストの活躍は見込めません。

そこで我々は、全国のセラピストの方々に、

肩こり・腰痛対策アプリを通じて、

働く人々の腰痛対策サポートをする機会を提供します。

皆さまがこれまで培った知識・技術・経験をより広く社会に提供していきませんか?

​我々と共に、新たな形でのセラピストの社会価値の提供をしていきましょう!

ポケットセラピスト人材バンク開設!

肩こり・腰痛に悩む人とセラピストをつなぐ

架け橋となるプラットフォーム

​人材バンクに登録して、

我々と共に新たなセラピストの可能性を

切り拓いていきませんか?

​初めてでも安心のアフターサポート!

​登録オンラインセラピスト限定の

ポータルサイトでチャットサポートのスキルやノウハウ、

肩こり・腰痛最新エビデンスを共有しています!

会員限定で閲覧可能🔒

ポケットセラピストは、肩こり・腰痛に悩む人のセルフマネジメントをサポートする肩こり・腰痛対策アプリ

ポケットセラピストには、肩こり・腰痛で悩むすべての人のポケットにセラピストがいるような安心感を与えたいという想いが込められています。

オンラインチャットだから、

いつでも・どこでもサポート可能

​ポケットセラピストの詳細はこちら

<募集要項>

【応募条件】

・理学療法士/ 作業療法士/ 医師の国家資格を有する

・肩こりや腰痛のリハビリテーション経験が十分にある

・パソコン(必須)とスマホ(もしくはタブレット端末)を有している

【業務内容】

​・チャットによる肩こり・腰痛予防サポート

・希望する人に対しては、企業での講演等の依頼を​​することも有り

・担当するユーザーは1人からでもOK

【勤務場所】

・インターネット環境があれば、どこでもOK

【勤務時間】

・出勤前、お昼休み、勤務後などのすき間時間の対応でOK!

・平均対応時間は1ユーザーあたり、月1時間(あくまで目安です)

【その他】

・報酬:1ユーザーにつき、1200〜2000円/月(ヘルスケアサービスの平均報酬1000円)
・肩こり・腰痛の最新エビデンス資料も無料で提供!

・初めてでも安心!サポートをする上での充実したガイドライン有

・事例検討を通して、一人で悩む必要もなし!

​・ポケットセラピストのメンバー限定のオフ会も開催しております!

たった1分で簡単登録!

登録完了後、面接日程調整のメールを3営業日以内に送付いたします。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに届いていることがありますので、ご確認ください。それでも確認できない場合は、こちらよりお問合せください。

ユーザーの声

お尻の痛みはほとんどなくなりました。動いている時間が多くなったからか、ほとんど痛いと意識することはなくなりました。

いままでは腕立てやハムストリングのストレッチなど、汎用なものだったが、プログラム実施時は腰のケアをメインにしたストレッチなどであったので、モチベーションが上がりました。

毎週マッサージに通っていましたが、なんか通わなくても大丈夫と自信がつきました。

以前は悪化するとしばらくは薬に頼る状態でしたが、今は痛み止めと湿布からも卒業することができました。

最近すごく腰の調子がいいです!というか、本当に10年間も腰痛あったかなって思うくらい腰に違和感ないです。すごい。

セラピストの声

病院やクリニックで出会う患者よりも、明らかに社会生活の中にいる人たちがユーザーで、接するうちに細かい生活の内容が分かってきます。そのため、私たちPTはユーザーの「生活」を支えているんだという実感が大きく得られます。

クリニカルリーズニングをフルに使う点は面白いです。チャットでの問診をもとに対策方法を提示する経験というのは、大変貴重で、これまでの知識や経験をフル回転させることができるのでやりがいは大きいです。

ユーザーの方から喜びの声を頂いたときの喜びは大きいです。働いている人は忙しくて病院に来れない人が多いので、より社会に近い所で、予防に関わりたい人や、新たなPTの関わり方を模索したい人には、とても魅力的だと思います。

受賞歴

顧問

メディア掲載歴

松平浩 先生

東京大学付属病院
22世紀医療センター

運動器疼痛メディカルリサーチ&

マネジメント講座

特任教授

青山朋樹 先生

京都大学大学院
医学研究科 人間健康科学系専攻

理学療法学講座

教授

たった1分で簡単登録!

登録完了後、面接日程調整のメールを3営業日以内に送付いたします。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに届いていることがありますので、ご確認ください。それでも確認できない場合は、こちらよりお問合せください。

<よくある質問>

Q1. 仕事と両立できるか不安です. どんな形で働くのでしょうか?
A1. セラピストの皆さまのご希望に合わせて、担当ユーザー数を考慮させていただきます。慣れないうちは少人数ではじめて、慣れてきたら、担当を増やすなど、調整が可能ですので、ご安心ください。

Q2. チャットサポートの経験がないため、自分にできるか不安です...
A2. 運営チームの方で、医学的エビデンスや行動心理学にもとづくガイドラインを準備しております。また運営チームや人材バンクに登録しているメンバー同士で、事例検討やディスカッションするコミュニティを用意しているため、一人で悩む心配もございません。

Q3. とりあえず登録だけでも良いの?興味はあるけど、今は忙しくて...

A3. サポート開始時期の目処が立っていない場合のご登録はご遠慮いただいております。ご自身のお仕事や家庭の状況で、サポートの目処が立ちましたタイミングでご登録いただけますと幸いです。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

©︎ BackTech Inc.