アプリでの支援は高度なコミュニケーションスキルが必要となる分、スキルアップにも繋がる

 

1. 普段はどんな活動をされているのでしょうか?

 

回復期リハビリテーション病院で運動器疾患、脳血管障害等の患者様に理学療法を行い、患者様の社会復帰をお手伝いしております。

 

2. ポケットセラピストを始めたきっかけはなんですか?

 

SNSで偶然見つけたのが、きっかけです。


以前、高校野球のメディカルサポートに携わっていた時に知り合った諸麥PTもポケットセラピストをしていることを知り、これも何かの縁かなと感じたこともきっかけの1つです。

 

3. ポケットセラピストのやりがい、面白い点、スキルアップにつながった点などはありますか?

 

チャットでのやり取りから、利用者様のニーズを把握し、それに応えることが難しくも面白くもあり、スキルアップに繋がると感じています。


臨床では、Face to Faceで意思疎通が出来、表情や声のトーン等から、患者様のニーズを読むことが出来ますが、文章だけでそれをするには色々なことを考え、アクションをする必要があるため、より高度なコミュニケーションスキルが必要と思います。


難しい分、ポケットセラピストでの利用者様とのやり取りを通して、スキルアップすれば、普段の臨床場面でもきっと生かせると感じます。

 

4. ポケットセラピストと仕事の両立はどうしていますか?

 

チャットでのやり取りは、スマホからログインすれば簡単に行うことが出来ます。そのため、仕事が始まるまでの時間や仕事の休み時間でチャットでのやり取りをすることが多いです。


また、利用者様にして欲しいストレッチ、エクササイズ動画をアップする場合は、家に帰ってから、私はパッドを使用して行うことが多いです。

 

このように私の場合は、本業以外の時間を使用して行うことが出来ています。

 

5. ポケットセラピストに興味のあるセラピストの方々へのメッセージをお願いします。

 

ポケットセラピストでの利用者様とのやり取りは、臨床場面でも生かせることが多くあり、ラポール形成にも役立つことがあると思います。


コミュニケーションに自信がある方はもちろん、興味はあるけど、上手く出来るか不安に思っている方もSNS上で相談が出来たり、フォローしてもらえたりするため、大丈夫だと思います。


まだまだ私も始めて間もなく、半人前ですが、是非みんなで一緒に盛り上げていきましょう。

 

ポケットセラピストで働く人の腰痛サポートに興味のある方はこちら !

 

Facebookでシェア
Twitterでリツイート
Please reload

最新記事
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square