困った時でも運営チームや他のメンバーに意見をもらえる

 

1. 普段はどんな活動をされているのでしょうか?

 

総合病院にて運動器疾患や脳血管障害、内科疾患等の患者様に理学療法を実施して社会復帰をお手伝いしております。

 

2. ポケットセラピストを始めたきっかけはなんですか?

 

元々、産業理学療法に興味があり、SNSでポケットセラピストを知りました。

 

同じ時期にセミナーでCEO福谷さんの講演を聞き、ワクワクし、自分も是非関わりたいと強く思いました。これが始めるきっかけになりました。

 

3. ポケットセラピストのやりがい、面白い点、スキルアップにつながった点などはありますか?

 

病院に行くほどではないけど、腰が痛い、違和感があるといった方は潜在的に多く存在します。そういった方々を遠隔サポートできるのがポケットセラピストの醍醐味と感じております。

 

またチャットでのやりとりなので、行動変容を促すための声かけや対応は柔軟に求められ、ユーザー様からの反応は日々勉強になります。

 

さらに無償で最新の腰痛に関する勉強ができるので、ポケットセラピスト以外にも普段の臨床に応用できます。

 

4. ポケットセラピストと仕事の両立はどうしていますか?

 

私の場合、夜にメールチェックをして返信する形をとっています。 ユーザー様も日中仕事をされているので、夜のチャットで返信をいただける方が多いです。

 

5. ポケットセラピストに興味のあるセラピストの方々へのメッセージをお願いします。

 

私は正直十分なサポートができるか不安でした。ですが、困った時や行き詰った時には超サイヤ人の運営チームの方をはじめ、ポケットセラピストに登録されているメンバー(猛者ぞろい)からも意見をいただけます!

 

私も何度も助けていただきました(^^;

 

是非一緒に取り組みましょう!

全人類が生き生きと暮らせるために!

 

ポケットセラピストで働く人の腰痛サポートに興味のある方はこちら !

 

Facebookでシェア
Twitterでリツイート
Please reload

最新記事
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square