職場以外に今までの知識・経験を活かせる環境ができたことはやりがいに繋がっている

 

1. 普段はどんな活動をされているのでしょうか?

 

介護老人保健施設にて生活期リハビリとして高齢者の生活の自立支援や在宅復帰に向けての準備を手伝っています。

 

2. ポケットセラピストを始めたきっかけはなんですか?

 

職場のスタッフに腰痛持ちが多いことが以前から気になっていたことがきっかけで産業理学療法に興味を持つようになりました。産業理学療法研究会にも入会し、スタッフにもアドバイスができるようになりました。

 

でも、職場以外にも腰痛に悩んでいる方々にアドバイスできたらいいなと思うようにもなりました。その頃に産業理学療法研究会からのメールでポケットセラピストの存在を知りました。

 

3. ポケットセラピストのやりがい、面白い点、スキルアップにつながった点などはありますか?

 

職場以外に理学療法士としての今までの知識・経験を活かせる環境ができたことはやりがいに繋がっています。

 

いかに専門的な知識をわかりやすく伝えるかということを意識することで、文章力や普段の仕事でのコミュニケーション能力も上がってきています。

 

4. ポケットセラピストと仕事の両立はどうしていますか?

 

平日は昼休みや終業後のちょっとしたスキマ時間にしています。ポケットセラピストをする時間を意識して行動することで、日々の生活にもメリハリができて充実しています。

 

5. ポケットセラピストに興味のあるセラピストの方々へのメッセージをお願いします。

 

腰痛予防に興味がある方にはオススメです。

 

腰痛で困っている、悩んでいる方々に、「自分の知識や経験を生かしたい」、「世の中に貢献していきたい」と思っている志の高いセラピストにぜひ参加していただきたいです。

 

ポケットセラピストで働く人の腰痛サポートに興味のある方はこちら !

Facebookでシェア
Twitterでリツイート
Please reload

最新記事
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square