ポケットセラピストを始めて、相手が求めていることを把握し、端的に表現するスキルが身についた

 

1. 普段はどんな活動をされているのでしょうか?

 

群馬県内の一般病院で勤務しています。

 

2. ポケットセラピストを始めたきっかけはなんですか?

 

Facebookでポケットセラピストが紹介されていたのが、きっかけでした。

正直なところ、勢いで応募しました笑

 

3. ポケットセラピストのやりがい、面白い点、スキルアップにつながった点などはありますか?

 

やりがいは担当する利用者様の生活にフィットした腰痛対策を提示して、良い反応が相手から返ってきたときです。


ポケットセラピストに関わり始めてから、相手が求めていることを把握し、端的に表現するスキルが身につきました。

 

4. ポケットセラピストと仕事の両立はどうしていますか?

 

日中は仕事のためポケットセラピストの利用はできません。

 

今は毎日寝る前に返信の有無を確認して、予約送信機能を使って返信が得られやすい時間帯に送信する形で行っています。慣れてしまえば、負担は少ないです。

 

5. ポケットセラピストに興味のあるセラピストの方々へのメッセージをお願いします。

 

私たちが当たり前だと思っている知識は実は世の中にとって価値があるものであることをポケットセラピストから学ばせて頂きました。

 

私も最初は不安でしたが、サポート体制が非常にしっかりしているので、安心してチャレンジしてください!!

 

ポケットセラピストで働く人の腰痛サポートに興味のある方はこちら !

 

Facebookでシェア
Twitterでリツイート
Please reload

最新記事
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square